【熊笹味噌】味噌らんまん - 天然醸造、無添加、安心安全な手造り味噌

09 February

味噌を使った夏場のおすすめ料理

2045

画像出典:http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/08/01/07/17/natto-169229_640.jpg&imgrefurl=http://pixabay.com/ja/%E7%B4%8D%E8%B1%86-%E9%A3%9F%E7%B3%A7-%E7%B1%B3-%E6%96%B0%E6%B2%99%E6%B4%9E-%E8%B1%86-%E5%91%B3%E5%99%8C-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%93%81-169229/&h=480&w=640&tbnid=2XnWPilbDyEoPM:&zoom=1&docid=5p2KAb_F2GQKPM&itg=1&ei=fcRdVebKFtD68QW64YKwAg&tbm=isch&ved=0CCUQMygCMAI

 

味噌を使った料理と言いますとどうしても暖かい料理を思い出します。

味噌煮込みの鍋・うどん、汁物だとたっぷり具材が入った豚汁をふうふうすすって食べる料理に味噌がふさわしいと言ったイメージが定着しています。

しかし実は冷たい料理にも味噌を使った、美味しい料理があるのです。   味噌は脇役ですが、しっかり夏バテを乗り切るGABAをはじめとする必須アミノ酸、酵素等々しっかり補充できるのです。

そのいくつかを紹介しましょう。

 

  • 酢味噌だれ

野菜(きゅうり・キャベツ・ピーマン・ナス・オクラ等夏野菜;必要なら湯がいて冷蔵庫で冷やしておきます)、肉(どんな肉でも合います)、魚介(フライ・ボイルした魚介)、ワカメなどの海藻いずれの食材でも美味しく食べられます。

酢味噌だれレシピ:味噌・酢・砂糖を2:1:1に合わせ、すりごまを入れ香りを付けます。 また辛子を少量加え清涼感を出しても良いでしょう。

 

  • 味噌だれ

レシピ:味噌 大さじ4、砂糖 小さじ2、酒 小さじ2、みりん 小さじ1/2、ごま油 少々、すりおろし・刻みニンニク若しくは刻みネギ 少々 を加熱しながらよく混ぜ練り合わせます。

冷蔵庫に保管すれば、1ヶ月は持ちます。

冷しゃぶ、炒め物野菜(夏野菜のピーマン・ナス・キャベツ・オクラ・モロヘイヤ・人参等)、厚揚げのトッピングに美味しく使えます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です