【熊笹味噌】味噌らんまん - 天然醸造、無添加、安心安全な手造り味噌

27 February

和洋のコラボ? 味噌とヨーグルト絶妙の相性とは?

画像出典:goo.gl/DOvDB4

画像出典:goo.gl/DOvDB4

 

日本の伝統発酵食品である味噌と、ヨーロッパの伝統発酵食品ヨーグルトとの相性が良いといわれ、隠れたブームになっています。

 

ヨーグルトは牛乳から作るので、乳酸菌が豊富ですが、実は味噌にも菌の種類は違う(対塩性乳酸菌)ものの乳酸菌が少量含まれているのです。

この乳酸菌が時間とともに味噌のまろやかさを演出しています

この乳酸菌は空気中に浮遊・麹などに付着している菌で、特別乳酸菌を加えているわけではありません。

 

このように味噌にも初めから乳酸菌が入っていることを考えると、乳酸菌のかたまりであるヨーグルトと相性が良いのも納得できますね!

 

和洋のコラボ、味噌とヨーグルト簡単レシピを紹介します。

①味噌の麹菌効果とヨーグルトの乳酸菌効果をどちらもたっぷり引き出すことを考えて、

味噌とヨーグルトを同量混ぜます。

*漬ける対象物は野菜・魚・肉 何でもよく、各々専用の容器で漬け込むと独特の深い味の「漬物」ができハマってしまいます。

また

*味噌や味噌マヨネーズに野菜をつけて食べるのと同様、味噌とヨーグルトのブレンドを使うのも

静かなブームになっているのです。

 

②味噌汁を注いだお椀(わん)に、大さじ1杯程度のヨーグルトを入れると味噌汁のイメージから離れまろやかでコクと深みのある味になります。

味噌汁の鍋の場合は、溶く味噌と同量のヨーグルトを基本とします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です