【熊笹味噌】味噌らんまん - 天然醸造、無添加、安心安全な手造り味噌

27 February

生きた麹・酵母・乳酸菌、活きた酵素たっぷりの生味噌の包装って?

画像出典:http://www.aokimiso.co.jp/premium/chilled_brand/fresh_miso.html

画像出典:http://www.aokimiso.co.jp/premium/chilled_brand/fresh_miso.html

画像出典:goo.gl/rjPwkU

画像出典:goo.gl/rjPwkU

 

生味噌は味噌に生きた麹・酵母・乳酸菌、活きた酵素がたっぷり含まれる味噌で、昔は街々に小さな味噌醸造所があり、大きな味噌樽に保管して量(はか)り売りで購入していました。

その後流通革命で、大量消費・大量生産で大型スーパーが発展し、味噌も長期保存がきく味噌、すなわち生きた味噌が流通に乗らなくなっていきました

 

健康志向が強まり、生味噌のおいしさ・栄養価の高さが認識され少しずつ消費が伸びています。

生味噌ブームで如何に本当の生味噌を流通経路に乗せるか、メーカーでパッケージングに試行錯誤の検討がなされ、商品化されています。

 

いずれも生味噌に含まれる生きた麹・酵母・乳酸菌は呼吸するため二酸化炭素を排出します。

そうすると現在流通している真空包装容器が二酸化炭素で膨れ、破裂してしまうことがあるのです。

そのため容器に内圧が掛からないように、圧力が抜ける平たいバルブ(逆止弁といいます)を付けることで、解決されました

 

バルブ付き包装容器以外、生きた麹・酵母・乳酸菌を活発化させないように生味噌を

①眠らせておくためチルド室(0~2℃)で低温保存する方法

②少量のアルコールを加えて(酒精と表示されています)、菌を不活発にさせ(静菌といいます)る方法

です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です