【熊笹味噌】味噌らんまん - 天然醸造、無添加、安心安全な手造り味噌

13 February

具だくさんの味噌汁、糖尿病に効果的??

2059

画像出典:http://photosku.com/photo/5419/

NHK「ためしてガッテン」(2015年6月10日放映)によりますと、

腸内にはインスリン出せという指令スイッチがあり、血糖値が上がる前からインスリンを出させて血糖値の上昇を抑える仕組みがあります

食べる順序も魚などの蛋白質、次いで根菜類、最後にご飯などのでんぷん質が好ましいと言われています。

 

この仕組みは体に元々備わっており、腸内細菌の影響で強く働くことが分かっています

この腸内細菌は水溶性食物繊維を食べて増殖します。  この腸内細菌が指令スイッチを押させるのです。

腸内細菌が多いほどスイッチが強く押されるのです。

 

つまり糖尿病を患っている人、特に予備軍に入っている人々にとって、かつてないほど普段の食事に気を配るだけで血糖値が改善するとなれば願ってもないことなのです。

 

水溶性食物繊維が多く含まれる食品は、ごぼう・人参・玉ねぎなどの根菜類、キノコ類、ヒジキ・ワカメなどの海藻類、納豆・オクラなどのネバネバ食品です

白米の代わりに大麦入り、玄米入り、五穀米なども水溶性食物繊維を摂ることができます。

水溶性食物繊維を味噌汁の具として摂ることをお薦めします。

味噌汁の具として水溶性食物繊維を含む食材はどれも普通味噌汁の具として使うものです。

普段使う具に更に1~2品加えるだけで、腸内細菌が一層活発に働くのです。

 

注意:腸内細菌を増やして体質を変えていく方法は、時間がかかります。

そのため、野菜を食べたらすぐに糖尿病の薬や治療をやめられる、ということではありません。

今行っている治療は絶対にやめないでください。

将来的には薬を減らせる可能性もありますので、医師と相談しながら行ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です